やらずの雨は「泊まっていって」のサイン

ある日彼氏が彼女の一人住まいのアパートに誘われ行きました。 雑談し、彼女の手料理も美味しくいただきました。 ワインを飲んでいい雰囲気になってきました。 突然のにわか雨です。 彼女が言いました。 「やらずの雨かしら~」 気まずく感じた彼は「じゃ、またね~」。と言って帰りましたとさ。 据え膳食わぬは男の恥。 「遣らずの雨」とは「訪れてきた人の帰るのを引…

続きを読む